初めまして。
東京出身、東京育ち、男性、年齢は30代とだけ言っておきましょう。

現在はブランド品を各地の買取専門店で査定をしてもらい、自身で開拓したおすすめルートを日々思案しています。

近年、ブランド買取業界の成長っぷりはめざましいものがある。
ブランド品を集めることも好きで、もちろん愛着が湧く品もあるがずっと同じ物では飽きてしまうというのが正直なところなのです。

そもそも、なぜブランド買取査定を日々行っているかと言えば私の祖父が残した骨董品が始まりだった。
実家にずっと残っている骨董品は、生活をするうえでもかさばり少し邪魔だと思っていた。ただ、祖父の残した物であるから自分で処分することもできず触ることはなかった。

骨董品を放置し続けること数年、私も20代の社会人になり実家を離れ一人暮らしをするようになっていた。
久々に実家へ帰省した時に見覚えのある骨董品。
若かりし頃に見た祖父の残した骨董品。
まだあったのか…。

父は他界しており、実家には母と妹が暮らしているだけで、正直骨董品など家に置いてあっても仕方がないだろうと母に一度買取専門店などへ依頼したらどうかと提案したところ、「いいわよ」の一言。
私が幼き頃に抱いていた小さな悩みはこうして一瞬で解決することとなった。

母としては、自分で処分するのも面倒でそこまで気にしていなかったから良いかというのが本音らしい。
私自身、祖父の残した物を売るのに抵抗がないというわけではない。
ただ、物を置いておいて大切にされていないのであれば、買取店へ売りに出し誰かほかの人に大切に使ってもらえるなら、骨董品も本望ではないかと思ったからである。

どうせなら、実家に帰省している間に買取専門店へ問い合わせて売ってしまおうと思い早速地元で見つけ、査定をしてもらうことになった。

直接自宅まで来てくれるということだったので、待つこと数十分。
少しお年を召した男性の方が来られ、早速査定開始。
どうせ、二束三文くらいにしかならないだろうと思っていたら、査定士の方が一言。

「これなら20万ですね」

…。

衝撃だった。

どちらに衝撃を受けたかと言えばその買取金額の高さに驚きだった。
おじいちゃん、ありがとう。

20万という買取金額に母も驚いており、査定士の方からすればなかなか良い品であるとのこと。

母も私もすぐに「お願いします!」と来てもらった時のテンションと人が変わったかのような対応。

そう、このことがキッカケで私のブランド買取の物語がスタートしたのである。

この記事をご覧の皆さんも、実家に残っている骨董品やブランド品の処分方法に困っている方は多いのではないだろうか。

愛着があり使用している物は別ですが、ただ眠らせておくだけでは物の価値というのは見いだせず、邪険に扱われ忘れられる存在となってしまいます。

そうなってしまってはせっかくのブランド品もかわいそうですよね。

今現在でも、私はブランド買取専門店を全国各地回っており、その土地の特性や特色を調べながら日々ブランド品買取を査定してもらっている。

私が買取査定を依頼する際に気を付けるポイントは2つ。

「買取価格」「接客」

どちらが大事かと言えば、もちろん買取価格には間違いないが、接客の良し悪しで購買意欲も変化するから大切なポイントですね。

それでは、前置きが長くなってしまいましたが、それぞれ地域ごとのおすすめルートを紹介させていただきます。

東京ブランド買取おすすめルート

まずは、私の地元でもある東京から紹介させていただければと思います。

東京には数多くのブランド買取専門店が並んでおり、実際にブランド品を売ろうと思っている方もどこにすれば良いかわからず困ってはいないだろうか。

東京でのブランド買取専門店で候補を挙げたのは次の3つです。

■①ギャラリーレア
■②なんぼや
■③MARUKA(マルカ)

今回の回るおすすめポイントは、最終的に駅周辺にたどり着くということです。
商品によっては、店舗ごとに買取価格が異なるため、徒歩圏内で回れる距離で買取が終わった後、売る数によっては大金を手にしているため、すぐ電車に乗って帰れるというところも気にしています。

おすすめルート・商品詳細

商品:シャネルのバッグ
スタート地点:サラリーマン・OLの街「新橋駅」
ゴール地点:ブランドが蠢く街「銀座駅」
移動手段:徒歩

今回のブランド買取専門店を選んだ理由としては、新橋駅を利用する人の特徴を考えてみたからである。
やはり社会人で働く男性・女性が多く夜のお店で働く人とは異なる悩みを持ち合わせていそうだからである。
それは、しょっちゅうブランド品を身に纏っているわけではなく、たまに自分へのご褒美で購入したブランド品を持て余し、もし売るとしたら自分の行動範囲にある方が便利だろうと思ったからです。

ギャラリーレア銀座並木通り店から回ってみよう

早速お店に入り、コンシェルジュへ査定依頼。

店舗内も清潔感があり、コンシェルジュの方の対応もなかなか好印象。
ここまでは順調ですね。
ただ、問題は査定額なので査定結果を待つ。

コンシェルジュ:「お待たせいたしました!」

何回買取依頼をしても、査定額を聞くときは内心ドキドキです。

コンシェルジュ:「こちらの商品の買い取り額は6万5千円になります!」

ほほぅ…。

とても無難な値段に何とも切り返ししづらい状況。
予めどの程度の査定金額かなぁという予測は、長年の査定依頼経験より体が覚えているものだ。

おすすめ買取ルートを開拓しようと思っている私として、もちろん1店舗目で買取をしてもらうつもりはないので、ほかも見て回る予定と伝えお店を出る。

★ギャラリーレア銀座並木通り店の印象★
店の雰囲気:良し
接客:良し
買取価格:普通

さて、気を取り直して次のお店へ向かおうと思います。
次に向かうブランド買取専門店は「なんぼや銀座本店」

向かう方面は銀座駅方面。
先ほどのギャラリーレアから歩いて500メートルほどいった距離です。

なんぼや銀座本店で買取査定をしてもらった

ギャラリーレアと同様、早速お店に入り受付嬢の方へ査定依頼。

完全個室がなんぼやの売りでもあり、第三者とのプライバシーを保護してくれるので好印象です。

個室で待っていれば爽やかなコンシェルジュが登場。

早速査定をしてもらった。
なんぼやで査定をしてもらっている間は沈黙が少し多く、待っている間若干手持ち無沙汰になっていました。
待っている間スマホでSNSでも見ていようといじっていたら査定が終わりました。

気になる査定金額は…

コンシェルジュ:「お待たせいたしました。こちらのお品物の査定金額は7万円ですね!

おお…ギャラリーレアより高く査定額がつきました。
この時点でギャラリーレアに売ることはなくなりましたね。笑

査定額は、まぁ納得のできる金額ですが私はここで妥協したりしません。
あくまでもおすすめルート開拓のため、最後の店舗を回らなければならないので一旦検討しますとお店を後にしました。

★なんぼや銀座本店の印象★
店の雰囲気:良し
接客:まぁ良し
買取価格:良し

中々の高評価を打ち出したなんぼやです。
さて、ではおすすめルート最後のブランド買取専門店「マルカ銀座本店」へ行ってみましょう。

先ほどの「なんぼや」というお店からすぐ100メートルくらいで着くお店なので、複数のお店を回ればそれなりの労力を使うため、距離にも気を配って店舗を選別しています!笑

マルカ銀座本店で査定依頼をした結果

ここはどこぞの料亭か。
と思わせるほど内装には驚かされました。
マルカという名前は、おすすめ買取ルートを開拓している私からすればもちろん聞いたことのある名前だが、実際に入ってみれば京都創業の趣を捨て去ることなく、とても清潔感があり品を感じる内装でした。

受付の女性に通され、少し待っていると爽やかで品のあるコンシェルジュ登場。
おお…なにやら眩しい。

気さくな感じで話してくれ、それでいてフランク過ぎずにお客様とお店という位置関係を守りながら対応しているなと感じました。

そして、気になる査定金額は…

コンシェルジュ:「お待たせいたしました。こちらのお品物の査定金額ですが、7万5千円になります。」

内心「きたー!」と叫んでいました。(笑)

私自身、金額や応対についてもまったく問題なし!
しかも、マルカではなぜその査定金額に至ったかという経緯を私たちが納得するまでしっかりと説明してくれます。
私の場合、値段を聞いてすでに納得していたのですが、コンシェルジュの方が丁寧に教えてくれさらに「なるほど感」がアップしました。

★マルカ銀座本店の印象★
店の雰囲気:大変良し
接客:大変良し
買取価格:かなり良し

総合評価として、ほぼ満点に近いレベルのマルカでした。

それでは、今回のおすすめルートをまとめてみたので、今後のブランド買取ぶらり珍道中などに役立てていただければ幸いです。

東京ブランド買取おすすめルート(まとめ)

※↓参考イメージ↓※
東京ブランド買取おすすめルート

①ギャラリーレア並木通り店
所在:東京都中央区銀座8-6-20 幸佑ビル
最寄駅:東京メトロ銀座線、地下鉄浅草線、JR「新橋駅」
徒歩:6分(450メートル)
※なぜ、銀座本店ではないかというと、今回のスタート地点であるテーマが新橋駅であることから、新橋駅より近い銀座並木通り店をチョイスしています。

②なんぼや銀座本店
所在:東京都中央区銀座5-7-4 鳩居堂ビル6F
最寄駅:東京メトロ銀座線、丸ノ内線、日比谷線「銀座駅」
徒歩:①のギャラリーレア並木通り店より徒歩7分(500メートル)

③マルカ銀座本店
所在:東京都中央区銀座5-5-1 マツモトキヨシ銀座5THビル6F
最寄駅:東京メトロ銀座線、丸ノ内線、日比谷線「銀座駅」
徒歩:②のなんぼや銀座本店より2分(100メートル)

ブランド品によっては、今回ご紹介した査定結果にならないことももちろんある。
ただ、最終目的地としてマルカ銀座本店を持ってきたのは私なりに調査した結果をもとにはじき出した信頼の結果となる。
なので、①ギャラリーレアより査定を開始し、合間に②のなんぼやを挟み様子を見て、最終決断を③のマルカで下すと言った流れだ。

名古屋ブランド買取おすすめルート

日本のだいたい真ん中らへんに位置する名古屋。
東京から西へ向かおうと思えば必ず頭によぎる地域だ。

名古屋でブランド買取が栄えている場所、やはりそれは「名古屋駅周辺」ではないだろうか。
ちなみに、名古屋駅を略すと「名駅」と書くらしい。

最初、パッと見「各駅(かくえき)」に見えてしまい、「なぜ1駅ずつ止まる電車のことを言っているのか」と勝手にハテナを飛ばしていた私です。
もう大丈夫です。

今回、ブランド買取ぶらり珍道中で巡るお店はこちら。

■①KOMEHYO
■②ポラリス
■③買いとりくん 質鈴木

今回、ポイントとなるのは大型買取店と完全地域密着ブランド買取店での差はどの程度あるのかというところ。
名古屋についた瞬間は大型店舗をめぐり、少しずつ地域密着に寄り、最後は少しゆったりしたいお店へとjoinするつもりだ。

おすすめルート・商品詳細

商品:ブルガリ アルミニウム
スタート地点:名古屋駅すぐのKOMEHYO
ゴール地点:ほほ笑みを隠せるステキなお店へjoin予定
移動手段:徒歩

今回のブランド買取の対象商品は「ブルガリ アルミニウム」です。
名古屋でゆっくりする場所が思いつかず、そこそこの金額になるであろう商品を持ってきた。

せっかく名古屋に来たのだから、その街を知りつつ、最後には買取してもらったお金でまったりとお酒でも飲みたいところ。

名古屋ブランド買取ぶらり珍道中、早速名古屋へと降り立ってみよう。

KOMEHYO名駅サンロード店へ行ってみた

KOMEHYOとは全国に店舗を構える大きな会社で、ブランド品だけに限らずレディースファッションやメンズファッション、着物、カメラと幅広く取り扱っているという点で有名だ。

名駅で降りたらすぐにお店があるので、早速向かってみましょう。
お店がある場所も、名古屋では有名な「サンロード」というたくさんのショップが並ぶ道にあります。

外観としては、ジュエリーショップのような印象を受けました。
木目のデザインと白のデザインが基調となっているお店で、清潔感があり、特にイメージを崩してしまうような要素は一切ありませんでしたね。

中へ入り、早速査定をしたい旨を告げます。

2名掛けの席とデスクを挟んで向かいにコンシェルジュの方が座る形になります。

待つこと数分現れたのは、女性コンシェルジュ。
女性に弱い私は最初のお店である以上、断る結果になるが果たして自分の心に打ち勝てるか1人で内心格闘していた。

爽やかな女性コンシェルジュに商品を渡し、いざ買取査定へと入ってもらう。

机の片隅にあるカタログのようなものをペラペラめくりながら名古屋コーチンの美味しさについて聞いてみようとコンシェルジュを見れば、真剣な眼差しで査定している。
今話しかけたら査定額に影響するほど印象が悪くなりそうだ。
私はそっと言葉を飲み込んだ。

待つこと十数分。

コンシェルジュ:「お待たせいたしました。こちらの商品ですが査定額は4万円になります!」

まぁまぁの値段がついたな。
私的には手を打っても良いだろうと思う値段だが、まだ名古屋へ降り立って数百メートルしか歩いていない。

大型店というのも、1つ1つのお店やコンシェルジュによって査定額は変わってくるものだが、今回は中々の金額を出してくれた。

少し、名古屋を見てくるとかっこよくお店を去り、次なるブランド買取店へと足を運んだ。

★KOMEHYO名駅サンロード店★
店の雰囲気:良し
接客:良し
買取価格:良し

ポラリス・エスカ地下街店で査定を依頼してみた

ポラリスというお店は、名古屋に店舗を構える地域密着型の総合買取ショップと言って良いだろう。
全般的な買取に力を入れており、かなりボロボロになってしまっている商品でも買取をしてくれるそうだ。

ブランド買取専門店では買取金額がつかないようなものも、もしかしたら買い取ってくれるかもしれない。

中でも、ポラリスすべてではないが、店頭オークションを開催しており、1円スタートでブランド品を販売している。
これは面白い試みだと思う。

もし、ブランド品を購入しようと思っている方がいるのであれば、タイミングによっては参加できるのかもしれない。

先ほどのKOMEHYOより近いところに位置しており、マクドナルドなどが並ぶお店の近くにあり、気軽に立ち寄ることができそうです。

もちろん、大量の超高級ブランド品を持って立ち寄るには、人目が気になるポイントではありますが。

お店自体は広い作りではなく、ショップというイメージに近い。

査定をしてくれる方も店員さんといったイメージ。
少しギャップを感じているが、早速査定してもらった。

何やら気さくそうなコンシェルジュの方へ商品を渡し、待つこと数分。

コンシェルジュ:「お待たせしました!こちらでしたら3万円になります!」

なにっ!
思った以上に金額が下がった…。

まぁ、こういうこともあるだろう。
大量に商品を扱っており、かつオークションを開催しているということは比較的安い金額で買い取らなければ元が取れないといったことになりかねない。

ある意味納得して、もう少し検討してから出直しますね~と伝え、お店を後にした。

★ポラリス・エスカ地下街店★
店の雰囲気:普通
接客:普通
買取価格:うーん

買いとりくん 質鈴木

こちらのお店は、その名前の通り「質」も扱っている買取店になります。
どちらを選ぶこともできるので、自分の用途に合わせて使い分けしましょう。

TVでCMもやっていたそうで、ちょっとユニークな動画に少し笑ってしまいました。

こちらも、先ほどのポラリスと同様、完全地域密着で名古屋に2店舗構えているお店です。

外観は、お店というよりビル1棟そのままが買いとりくん質鈴木のような作りになっていました。

査定する場所は至ってシンプルでした。
対面するような形で商品を渡し、コンシェルジュの方が査定してくれるという流れです。

では、早速名古屋最後の砦、買いとりくん質鈴木で査定してもらいましょう。

コンシェルジュの方が来られ、爽やかな対応をしていただきました。
スーツを着てパリッと決めており好印象です。
※ここで注意なのが、質もやっているため、しっかりと「買取依頼」であることを伝えましょう。

待つこと十数分。

コンシェルジュ:「お待たせいたしました。こちらのお品物でしたら5万円で買取させていただきます!」

これは驚き!
いや、予定通りといった方が良いでしょう。

私のおすすめルート開拓を遮る小石はなく、思うがままにぶらり珍道中を進めることができた。

当初予定していた金額よりも高額な金額で買い取ってくれるため、こちらで決定。

地域密着で大手競合などに負けないよう、頑張っている姿勢に乾杯。

★買いとりくん質鈴木店★
店の雰囲気:良し
接客:かなり良し
買取価格:大変良し

名古屋ブランド買取おすすめルート(まとめ)

※↓参考イメージ↓※
名古屋ブランド買取おすすめルート

①KOMEHYO名駅サンロード店
所在:愛知県名古屋市中村区名駅4-7-25
最寄駅:JR東海道本線「名古屋駅」
徒歩:2分

②ポラリス・エスカ地下街店
所在:愛知県名古屋市中村区椿町6-9
最寄駅:JR東海道本線「名古屋駅」
徒歩:①のKOMEHYO名駅サンロード店より徒歩9分(750メートル)

③買いとりくん質鈴木店
所在:愛知県名古屋市中村区則武2-34-18
最寄駅:JR東海道本線「名古屋駅」
徒歩:②ポラリス・エスカ地下街店より8分(650メートル)

最後は地域密着型ブランド買取店である、買いとりくん質鈴木へと落ち着きました。
本当に私の予定通りとなりました。
思った通りの金額を手に、200メートル弱程歩いたところに「スターフィッシュ」という隠れ家バーがあります。

1人でひっそりと祝杯をあげるには、ピッタリの隠れ家バーなので、ここでゆっくりしてから名古屋駅まで帰ろうと思います。

京都ブランド買取おすすめルート

ブランド品買取が盛んな街と聞けば一言目に東京と出てくるでしょうが、関西も1位2位を争うくらいにブランド買取は賑わっています。

関西と聞けば「大阪」というイメージがありますが、私がブランド買取に没頭する原点となった「骨董品」のイメージが先に浮かんだので京都を先に訪れることにした。
新幹線も「名古屋」の次は「京都」だ。

では、名古屋編に続き、京都でのおすすめルートをご紹介したいと思います。
とても大切なことをお話ししますので、メモのご準備を。

…。

冗談です。
メモをする必要ないくらい私が細かく書いていますので問題ありませんよ!
それでも、気になるお店はメモしておいてくださいね。(笑)

それでは、参りましょう。

京都で挙げたブランド買取専門店は以下の3つになります。

■①なんぼや
■②カイウル
■③MARUKA(マルカ)

今回の回るおすすめポイントは、買取依頼をした際に大金を持ち歩くことになるかもしれないので、人通りが多いところから、ほんの少し離れた場所へ到着するというところです。
もちろん、査定を行った後にすぐ帰ることができるよう、駅も近く京都四条通にはたくさんタクシーが走っていますので、サッと乗ることができるポイントにしてあります。

おすすめルート・商品詳細

商品:ルイ・ヴィトン ブローニュ モノグラム
スタート地点:京都有名スポット四条通
ゴール地点:京都四条烏丸近辺で電車もタクシーもアクセス良し
移動手段:徒歩

京都とは日本都市の中でも趣があり、京都と言えば○○!と一言目には出てくるであろう四条通を選択してみた。
多くの店が建ち並び、働く社会人も多く連なっていることからこの地域を選択しました。

なんぼや京都四条河原町店から回ってみる

京都四条烏丸駅からすぐ近くということもあり、アクセスは非常に良い場所になります。
ただ、人が多いだけに若干人目が気になりブランド品を大量に持って買取をしてもらうのは少々ためらいます。
今回、ブランド買取査定をしてもらう商品は1点になるので特に気にすることなくお店へIN。

東京にあるなんぼやのコンシェルジュの方も、爽やかな対応をしていただいたが、こちら京都でも品のある男性コンシェルジュの方に査定をしていただいた。

接客面に関して、好感が持てるのは良い滑り出しだ。

査定時間としては10分前後だっただろうか。

コンシェルジュ:「お待たせいたしました!こちらのお品物の査定金額ですが1万円になります!」

おおう…。おおよそ予想通りの金額が出てきた。なるほど。
ふむふむ。まぁ妥当ですね。

ここでの査定金額を基準として、もう少し他を回ると話し、次の店へ行ってみましょう。

★なんぼや四条河原町店の印象★
店の雰囲気:良し
接客:良し
買取価格:まぁ良し

カイウル四条河原町店で査定してみた

京都のみ展開しており、地域密着でブランド品買取業界の荒波に参入している店舗になります。
先ほどの「なんぼや四条河原町店」のすぐ隣に位置しています。
正直、1店舗目と2店舗目は目安作りになるので距離は気にしません。(笑)

なんぼやよりも少しだけ奥にあるため、なんぼやを出てから姿を見られることはないから安心してくださいね。

では、早速カイウルで査定してもらいましょう。

店へ入るとガラス張りのショーウィンドウに数多くのブランド品がずらっと並んでいました。
お店自体はとてもきれいで、清潔感はありしっかりと手入れされてるなと感じました。

査定依頼の旨を告げ、少し待つとこちらも爽やかなコンシェルジュの方がいらっしゃいました。
店舗展開としては、まだ地域密着型のカイウルですが、京都四条という激戦区で戦っているだけあって、対応もなかなか好印象です。

ただ、少し気になったのが隣の席との近さ。
なんぼやでは「完全個室」のためプライバシーは守られており、何も気にすることなく査定中にも会話することができますが、カイウルでは隣に別のお客さんがいたら気になってあまり言いたいことも言えない人も出てきてしまいそうです。

この点に関しては、なんぼやの方が評価は上ですね。

10分弱ほどで査定は終わり、いざ気になる査定結果は…

コンシェルジュ:「お待たせいたしました。こちらのお品物でしたら1万2千円での買い取らせていただきます。」

おお!
中々の査定金額になりました。
なんぼやより2千円高めに買取をしてくれるとのこと。

もう少しだけ検討したいと告げ、カイウルを後にしました。

★カイウル四条河原町店の印象★
店の雰囲気:まぁ良し
接客:良し
買取価格:まぁ良し
※隣の席との距離感が少し気になる

買取金額などは、まぁまぁ納得できそうな額を提示されましたが、私の使命はあくまでも実体験をもとに、ほかのユーザーへおすすめルートをお伝えすること。

席の位置関係以外は、特に気にする要素はなく好感の持てるお店です。
地域密着で激戦区を生き残るためには、並大抵の努力では生き残れませんので、しっかりと頑張っているという姿勢は高評価ですね。

ただ、カイウルで1点だけ注意していただきたいことがあり、ブランド品買取を主な業務として行っていますが、「質」もやっています。

補足:質とは
昔ながらの言葉で「質屋」というのを聞いたことがありますよね。
質屋へ私たちの商品を売る=商品を担保として融資してもらう。
所謂、金融業なのです。

カイウルは、質屋としても稼働しているため、本来の売る目的で行っているのに、誤って「融資」になり、利息を支払わなければならない債務といった形にならないよう、しっかりとお店の方とお話ししてくださいね!(笑)

マルカ四条店で査定してみた

ブランド買取業界で上位に位置しているマルカですが、マルカの創業は京都が始まりでした。

京都創業という趣を、他府県へ出店してもイメージカラーを崩すことなく、どんどん拡大していっています。

おすすめ買取ルートで、カイウルより少しだけ距離があるのも、2店舗も査定をしていれば少し疲れも溜まっている頃合いですよね。
そのとき、四条通という街並みがユーザーを救ってくれるのです。
多くのカフェや喫茶店などが建ち並んでいるため、マルカ四条店へ行くまでにちょっと休憩…という私個人のおすすめルートになります。(笑)

少し休憩した後は、いざマルカ四条店へ!

店舗内は、高級ホテルの受付かなと思うほどエレガントなデザインになっていました。
カイウルのように仕切りがあるタイプのお店でしたが、隣の席との距離感が段違いに遠いのです。
銀行の窓口で例えるなら、3つ分以上は隣と離れていました。

これなら、あまり隣を気にせずにコンシェルジュの方とお話しすることができますね。

少し待てばコンシェルジュの方が来られ、いざ査定へ。

接客応対については、申し分ない対応をしていただき安心して査定をお任せできます。

さて、気になる査定結果は…。

コンシェルジュ:「お待たせいたしました。こちらのお品物の査定額は1万5千円でございます。」

ありがとうございます。
特にいうことはありません。

やはり、マルカ四条店は老舗ブランドという重責を背負っているからなのか、すべての対応において合格でした。

京都でブランド品を売るなら、マルカをおすすめします。

★マルカ四条店の印象★
店の雰囲気:大変良し
接客:大変良し
買取価格:大変良し

総合評価として、ほぼ満点に近いレベルのマルカでした。

それでは、今回のおすすめルートをまとめてみたので、今後のブランド買取ぶらり珍道中などに役立てていただければ幸いです。

京都ブランド買取おすすめルート(まとめ)

※↓参考イメージ↓※
京都ブランド買取おすすめルート

①なんぼや四条河原町店
所在:京都市下京区真町90-3 市場木屋町櫛田ビル1F
最寄駅:阪急京都線「河原町駅」
徒歩:2分

②カイウル四条河原町店
所在:京都市下京区真町90-3 ユー・イットウ池善ビル1F
最寄駅:阪急京都線「河原町駅」
徒歩:①のなんぼや四条河原町店より徒歩1分(すぐ隣)

③マルカ四条店
所在:京都市下京区立売中之町100-2
最寄駅:阪急京都線「烏丸駅」
徒歩:②のカイウル四条河原町店より8分(650メートル)

どこの街でも買取価格というのはお店によって異なる。
京都で地域密着しているカイウルでは、競合他社に負けないよう、その一瞬一瞬の買取では他店を上回ることもあるだろう。

そこで、店舗展開をかけているなんぼやで基準を決め、カイウルの状況を見る。
最終ゴールのマルカは、老舗という安心感もあり最初から回る必要はないかなと思うため、最後に持ってきている。

大阪ブランド買取おすすめルート

やってきました大阪。
多数の飲み屋が建ち並び、ホストやホステス、キャバクラなどブランド品が飛び交う街であることは間違いないだろう。

この街でブランド品買取のおすすめルートを開拓している私はきっと密かにブランド買取業界では有名になっていくことだろう。ふふふ。

では、早速大阪の街を堪能しながら歩き回ってみたいと思います。

■①なんぼや
■②キングラム
■③ダイヤモンドセブン

やはり、大阪の街を楽しむといえば「難波・日本橋・心斎橋」ではないだろうか。
梅田という手もあったが、少し歩き回るには手狭であったことから、今回は「難波~日本橋~心斎橋」のルートで回ってみようと思う。

安心してください。
穿いてますよ。

間違えた申し訳ない。

今回は大阪という街を楽しみながら回るので、少し歩き回るが見て楽しいものが多いのでブランド買取が目的なのか観光が目的なのか忘れてしまいそうなルートになっている。

おすすめルート・商品詳細

商品:シャネル キャビアスキン
スタート地点:中心街といえば「なんば」ですよね。
ゴール地点:軽く飲んで帰ろうかにピッタリ「心斎橋」
移動手段:徒歩

今回のブランド買取の対象商品は「シャネル キャビアスキン」です。
私の買取金額予想としては、状態も良いものであるから7万円~はすると踏んでいる。

この7万円前後のお金を握りしめ、夜は心斎橋で少し楽しもうという魂胆だ。
見え見えで申し訳ない。

なんぼや難波本店で査定していただいた

なんぼや難波本店が位置する場所は、アクセスも良く「なんば駅」を降りてすぐの場所にある。
これなら、迷う心配も少なく済みますね。
いざ、なんぼや難波本店へ…。

おお!
白を基調とした色合いで高級感あふれる外観と内装。
中に入れば、高級エステサロンかな?と誤解してしまいそうな輝きを放っていました。

私は慣れているから大丈夫だが、もし1点だけでそこまで買取金額も高くなさそうな品物を持ち込む場合、ちょっと尻込みしてしまうかも。(笑)

まぁまぁ、そこを補って余るほどの査定金額がたたき出せれば問題ない。

早速、コンシェルジュの方を呼び待機。

…。

内装が綺麗なので待っている間少しそわそわしていたのは内緒だ。

待つこと数分。
品格のあるコンシェルジュ登場。

査定をしてもらうこと数分。

コンシェルジュ:「お待たせいたしました。こちらのお品物の査定金額ですが、7万円になります。」

ほう。
私の予想がここまで的中するとは、もはや私がコンシェルジュになるべきなのかと一瞬脳裏をよぎった。

まだまだ大阪の街を楽しんでいない私は、検討すると告げお店を後にした。

★なんぼや難波本店★
店の雰囲気:大変良い
接客:かなり良い
買取価格:良し

キングラム日本橋店で査定してもらった

キングラムは、全国に店舗を構えるブランドリサイクルショップです。

ここで「おっ?」と思った方。
鋭いですね。

そう、今回はブランド買取専門店ではなくブランドリサイクルショップという総合型店舗を訪れてみました。
なぜ、リサイクルショップというジャンルを盛り込んだかと言うと、実際にブランド買取専門店と多岐に渡るアイテムを取り扱っている店舗でどの程度差が開くのかを調査するため。

なんば駅から日本橋駅まで大阪の街並みをぶらぶら歩きながらキングラム日本橋店のある大阪では有名な交差点「日本一」まで参りましょう。

いざキングラムに到着すると…。

外観は先ほど高級エステサロンかというなんぼや難波本店を見ていたのでギャップが激しかったです。
よく街で見かける金券ショップというか、そのような印象を受けました。

まぁ、大切なのは中身であって外見は…少し重要ですが、気を取り直して店舗内へINしてみましょう。

中にはたくさんのブランド品が展示されており、カウンターでの対面式査定という形式になっていました。

正直、本音で言えば周りが気になって仕方ないですね。

コンシェルジュの方へ査定依頼をし、早速査定に入ってもらいました。

ちなみに、コンシェルジュの方は「品」というより「元気」という印象でした。
元気な人は好きです。

さてさて、気になる査定金額は…。

コンシェルジュ:「お待たせいたしました!こちらのお品物でしたら、6万5千円になります!

ふむふむ。
先ほどのなんぼやよりも5千円低い金額か。

まぁ、おおよそ7万円と予想していたので若干下がるのも仕方ないかな。

まだ他も見てみたいという旨をお伝えし、キングラムでの買取は一旦終了。
やはり、査定額を聞くときも周りに人がいたらとても気まずい感じかなぁと思いつつ…。

ブランドリサイクルショップだからと言って、信じられないくらいの査定額の開きはないかもしれません。

それでも、拭いきれない不安がある以上「ブランド買取専門店」で査定してもらった方が「安心」は間違いなく得られることでしょう。

★キングラム日本橋店★
店の雰囲気:うーん
接客:元気で良し
買取価格:普通

ダイヤモンドセブン心斎橋店で買取依頼してみた

大阪の街、最後に訪れたのはミナミと心斎橋の中心あたりに位置するダイヤモンドセブン心斎橋店へ行ってみたいと思います。

日本橋から心斎橋までも歩いてすぐですが、ここから数多くの飲み屋が建ち並ぶ街へどんどん入っていきます。
見ているだけで少しテンションが上がってしまいます。

少し歩くのに疲れたなと感じたら、適当に数分歩いていれば必ずどこかにカフェや喫茶店があるので、安心してください。休めますよ。

ダイヤモンドセブンは関西を中心に、三重県に店舗を構える若干地域密着しているブランド買取専門店です。

中でも驚かされたのは、営業時間です。
朝10:00~翌朝6:00まで、なんと20時間も営業しているのです。

これなら、仕事が終わるのが遅い水商売などしている人でも、仕事終わりに行くことができそうです。

店舗としては、何となくピンク色をイメージしたようなカラーで、内装も結構きれいでした。

基本的にはパーテーションで区切られたような作りで、デスクを挟んで1対1で査定してもらう感じになります。

ではでは、早速査定をしていただきましょう。

今回査定していただいたのは女性のコンシェルジュ。
少しどきどきしてしまいます。

とても明るくて笑顔が素敵なコンシェルジュでした。
個人的な印象はアップ中です。

さて、待つこと十数分。

コンシェルジュ:「お待たせいたしました!今回お持ちいただいたお品物の査定額は、10万円になります。」

なんと!
私の予想を大幅に上回る査定額になりました。

この金額なら当初予定していたちょっと帰りに飲んで帰ろうかなという費用にお釣りがきてしまう。
ありがとう女性コンシェルジュの方。

ニコニコしながら買取をしていただき、ルンルンでお店を後にしました。

★ダイヤモンドセブン心斎橋店★
店の雰囲気:良し
接客:かなり良し
買取価格:かなり良し

大阪ブランド買取おすすめルート(まとめ)

※↓参考イメージ↓※
大阪ブランド買取おすすめルート

①なんぼや難波本店
所在:大阪府大阪市浪速区難波中1-18-3
最寄駅:地下鉄御堂筋線「なんば駅」
徒歩:3分

②キングラム日本橋店
所在:大阪府大阪市中央区日本橋1-17-19
最寄駅:地下鉄堺筋線「日本橋駅」
徒歩:①のなんぼや難波本店より徒歩10分(800メートル)

③ダイヤモンドセブン心斎橋店
所在:大阪府大阪市中央区東心斎橋2-2-18
最寄駅:地下鉄御堂筋線「なんば駅・心斎橋駅」
地下鉄堺筋線「日本橋駅」
徒歩:②キングラム日本橋店より7分(550メートル)

今回、着地したお店はダイヤモンドセブン心斎橋店。
ブランド品を買い取ってもらうということは、お金が必要でありやはり査定金額というのが大切です。
ですが、外観も入店するポイントとして「見た目だけで入らないお客さん」がいてはもったいないですね。
今回は、大阪の有名な街をぐるぐると周りながらのブランド買取ぶらり珍道中でしたが参考になりましたか?
少しでも、各地域に存在するブランド買取店のおすすめルートとして役立てていただければ幸いです。

福岡ブランド買取おすすめルート

ブランド買取おすすめルートも、東の東京に始まり、西の関西、そして南の福岡までやってきました。
つくづく、私はどこまでやるんだとたまに自分に自問自答している。

さて、今回の舞台は福岡だが有名なスポットといえば「博多」や「天神」ではないでしょうか。

ブランド品買取おすすめルート最後の舞台、福岡を早速回ってみようと思う。

■①高山品質
■②大黒屋
■③MARUKA(マルカ)

今回は「天神南駅」と「天神駅」の周辺をぶらぶらしようと思っています。
少し話は脱線するが、私は無類のコーヒー好きであり、少しでも時間があけばカフェや喫茶店を探してしまう。
喫茶店でコーヒーを楽しみながら次なるブランド買取店の調査に勤しんでいるわけです。

最終目的地は、関東・関西とかなりの信頼を獲得している「マルカ」だが、マルカが安心だから最後にしているというわけではない。
もちろん、それも一理あるのだが。

マルカは大通り近辺に面しており、すぐ近くにスターバックスがあるのです!
福岡のブランド買取を調査しつつ、満足のいく買取を終えた後は、スタバで納得のコーヒーを楽しもうという戦略だ。

では、早速回ってみましょう。

おすすめルート・商品詳細

商品:ロレックス・エクスプローラー
スタート地点:観光スポットとしても有名、天神南駅
ゴール地点:至福の時間をもたらしてくれるスタバ
移動手段:徒歩

今回は、ロレックス・エクスプローラーと今までの商品よりも高額な物を用意した。
せっかく福岡まで来ているのだから、しっかりと観光も楽しむための資金調達にもってこいの品だ。

高山質店天神店で査定してもらった

高山品質は九州を中心に展開している、買取・販売・質などを取り扱っているお店です。
福岡でブランド買取を査定してもらうなら、外すことはできないお店の1つと言えます。
はてさて、その力量やいかに。

早速お店の中へ…と思いきや、入り口に矢印が。

「質・買取 / 販売」

なるほど。ここで目的の入り口が変わるわけか。

何となく面白いなと少し旨躍らせいざお店へ入ると。

4つのカウンターが並んでいる。
そして距離感が以上に近い。
役所ばりに近いと言っても過言ではない。

やはり隣の席との距離が近いというだけで、査定をしてもらうのも何となく気まずい雰囲気にもなりがちで、あまり思い切った発言ができなくなるという縛りが発生する。

ブランド買取をするのに、こんなにデスクが狭くて大丈夫かと不安。

まぁ、見た目は置いておこう。問題は買取価格や接客対応だ。

少ししたらコンシェルジュが登場。
いたって普通の印象だった。

店舗内の店装が普通だからそう思ってしまうのかはわからない。

早速品物を渡すと、コンシェルジュの方は奥のデスクで査定を始めるではありませんか。
この場ではないのですね。そうですよね。確かに狭いですものね。

コンシェルジュが奥へ行ってしまえば、かなり暇になる。

適当にスマホでも触っていようと待っていたらようやく声がかかった。
いや、時間としてはそこまで経過してないだろうが、あまりにも暇すぎて体感として時間が多く経過しているように感じた。

コンシェルジュ:「お待たせしました。こちらのお品物のお値段は30万円ほどになります。」

ふーむ。
まぁまぁ予想に近い金額になった。

一度検討させてください~とお店を後にする。

★高山質店天神店★
店の雰囲気:普通
接客:普通
買取価格:まぁ良し

大黒屋質天神店で査定をお願いしてみた

大黒屋は全国に展開している非常に大きなお店です。
ブランド品買取だけでなく、多岐に渡る商品を取り扱っています。
リサイクルショップとは違うのですが、多岐に渡る商品を扱っている場合、査定の練度としてはブランド買取一本でやっているコンシェルジュに比べたら多少の誤差があると私は認識しています。

もちろん、それもお店ごとのコンシェルジュによるため今回の大黒屋がそうかどうかはわかりませんが。

今回の大黒屋質天神店では、ブランド買取だけでなく家電や貴金属、携帯など多数の取扱商品があります。
その他サービスとして、質も行っているため、思い入れの深い商品を手放したくないけど急なお金が必要になった時には質を利用するのが良いかもしれませんね。

大黒屋では、査定をするブースというのが個室ベースになっているため、周りの目を気にせず査定ができるのはポイントですね。

早速査定の依頼をし、10分少々待った頃合いで査定が終わったようです。

コンシェルジュ:「お待たせいたしました。こちらのお品物の査定金額ですが、22万円になりますね。」

えっ!!

とつい声が出てしまいそうな金額。

高くて嬉しいー!ではなく、先ほどの高山質店とは大きく査定金額に開きが出ました。

その差なんと8万円です。

正直、ここに関しては苦笑いしながらお店を後にしました。

全国に名を広める大黒屋なので、もう少しと思っていたのですが、もしかしたらたまたま何か査定金額を下げる要素があったのかもしれませんね。

★大黒屋質天神店★
店の雰囲気:良し
接客:まぁ良し
買取価格:うーん

マルカ福岡天神店で査定を依頼してみた

京都創業のブランド買取、マルカ福岡天神店。
2015年7月にオープンした新しいお店ですね。
早速お店へ入ると…圧巻です。

京都ならではデザイン「和」をモチーフとした作り、1つ1つの装飾品に気品を感じられます。
正直、マルカはどの店舗に行ってもテーマが決まっており、ブランド買取店というイメージをすべて吹っ飛ばしてくれるようなお店が多いです。
人間は何かを決めるとき、第一印象というのを気にしますが、正直ここまで徹底されていると何か文句をつけたくてもつけようがないほどの店構えでした。

東京や関西でも驚かされたマルカですが、九州へ上陸したてのマルカでも安心して任せられそうです。
ただ、一番大切なのは「買取金額」の部分に重きを置いているため、その辺はしっかりと確認しなければ。

気品漂うコンシェルジュの方へ査定品をお渡しし、早速査定をしていただきます。

待つこと十数分…。

コンシェルジュ:「お待たせいたしました。こちらのお品物の査定金額ですが、34万円にて買取させていただきます。」

安定ですね。
ありがとうございます。

査定金額や対応において、特に異議申し立てをすることはございません。

心と懐がほかほかになり、にやにやしながらお店を後にしました。

★マルカ福岡天神店★
店の雰囲気:大変良い
接客:かなり良い
買取価格:大変良い

福岡ブランド買取おすすめルート(まとめ)

※↓参考イメージ↓※
福岡ブランド買取おすすめルート

①高山質店天神店
所在:福岡市中央区渡辺通5-3-14
最寄駅:地下鉄七隈線「天神南駅」
徒歩:3分

②大黒屋質天神店
所在:福岡県福岡市中央区渡辺通5-24-21 石橋ビル2F
最寄駅:地下鉄七隈線「天神南駅」
徒歩:①の高山質店天神店より徒歩3分(250メートル)

③マルカ福岡天神店
所在:福岡市中央区天神2-3-20 天神田中ビル3F
最寄駅:福岡市営地下鉄空港線「天神駅」
西鉄「福岡駅」
徒歩:②の大黒屋質天神店より6分(450メートル)

その地域にちなんだブランド買取店というのはたくさんあるが、あなたの目的に合わせた買取依頼をすることが一番ですね。
今回、福岡でも圧倒的にマルカの買取金額や対応に私自身は満足しましたが、その人の観点というのも異なり、人によってはこちらの方が良いという意見も必ずあると思います。

総評

ブランド買取業界というのは、日々進化しており時代の流れが変化すれば、ユーザーのニーズというのも変化する。
ブランド買取業界も、荒波に飲まれてしまわないように必死に努力し、店舗拡大を続けているのだ。

ただ、時代が変わろうとも変わらないことがあると私は思う。

それは、私たちユーザー側のニーズとして「買取金額」が高い方が良いという点、そして、すべてが機械で済むような時代でない以上、「人対人」であるから人の良さという点は、外すことのできない大切なポイントだと思う。

ブランド買取をしてもらい長い年月が経ったが、これからの時代に私自身も負けないよう日々ブランド買取査定をしてもらいつつ、おすすめルートやその他気になる情報などを、このサイトをご覧の皆さまにお届けできればと心より思っております。

ブランド買取ぶらり珍道中-第一幕-

これにて終幕。